トップページ >  おいしいコーヒーの豆知識 >  コーヒー豆の挽き具合

おいしいコーヒーにはどんな挽き具合が理想的なの?

コーヒー豆の挽き具合でどんな違いが出るの?

粗挽き・中挽き・細挽き・極細挽きなど、コーヒー豆には様々な挽き方がありますが、おいしいコーヒーを飲むために適切な挽き具合があるのでしょうか?実は、豆の挽き具合によって、コーヒーの味は変わってきます。また、挽き具合によって抽出器具を変える必要が出てきます。そこで、ここでは挽き具合によるコーヒーの味の違いと、どんな抽出器具を使うべきかをご紹介します。

コーヒー豆の挽き具合と味の変化について

豆の挽き具合で味にこんな変化が!

苦みについて
コーヒー豆は荒く挽けば挽くほど、苦みが弱くなるという特徴があります。反対に、細かく挽けば挽くほど、苦みは強くなっていきます。ですから、苦いコーヒーが好みの方は極細挽きが最適で、あまり苦くないコーヒーが好みの方は粗挽きが最適ということになります。


酸味について
コーヒー豆は荒く挽けば挽くほど、酸味が強くなるという特徴があります。反対に、細かく挽けば挽くほど、酸味は弱くなっていきます。ですから、酸味の強いコーヒーが好みの方は粗挽きが最適で、酸味の弱いコーヒーが好みの方は極細挽きが最適ということになります。


コーヒー豆の銘柄によって、苦みや酸味は異なってきますから、まずは、中挽きか細挽きで試してみてから、好みに合わせて粗挽きまたは極細挽きに挑戦するのがおすすめです。

コーヒー豆の挽き具合と最適な抽出器具について

挽き具合によって抽出器具を変えましょう!

粗挽き
ザラメ糖ほどの大きさの粗挽きは、お湯とコーヒーの粉が直接触れる抽出器具に向いています。
⇒ パーコレーター・カフェプレス・ケメックスなど

中挽き
ザラメ糖とグラニュー糖の間ほどの大きさの中挽きは、コーヒーメーカーなどの道具を使った抽出に向いています。
⇒ コーヒーメーカー・ネルドリップ・カフェオールドリッパーなど

細挽き
グラニュー糖ほどの大きさの細挽きは、ペーパードリップなど手間をかける抽出方法に向いています。
⇒ ペーパードリップ・サイフォン・水出しコーヒーなど

極細挽き
小麦粉ほどの大きさの極細挽きは、エスプレッソ抽出に向いています。
⇒ エスプレッソマシンなど

おいしいコーヒー豆知識

コーヒー豆の挽き具合
粗挽き・中挽き・細挽きどれにしたらいいのか迷ったときはこちら。
おいしい珈琲のいれ方
おいしいコーヒーの入れ方をマスターしたい方はこちら。
コーヒー豆の銘柄選び
コーヒー豆の銘柄どれにしようか迷ったときはこちら。
コーヒー豆を注文しようと思ったときに、挽き具合をどうしようと迷ったことはありませんか?おいしいコーヒーを飲むために、豆の挽き具合と抽出されたコーヒーの味の関係を知っておくことはとても重要です。本当においしいコーヒーを味わうためにも、挽き具合もこだわって選んでみましょう!